ゆきちかのメモ帳

真相は別として 「妻の目には、Snow Manはどう映っているんだろう」 という自分用の記録。@snow_186cm

不妊治療を辞めようと思った時の話

普段Snow Manの事ばかり書いてますが、今回は完全にプライベートな話です。

重い話題だけど、大切な心情を残しておきたかったのでここに書かせてください。

 

 

 

 

結論から。

嫁ちゃんがこの度妊娠しまして。

( ※俺の心情を書くことがメインで、妊娠報告がしたいわけじゃありませんので…)

 

 

 

 

一般的な妊娠って「妊娠検査薬で陽性だったよ!」「わーい!!」って感じだろうけど、俺らは不妊治療をやっていたのでそういう感じじゃない。

 

「無事受精した」「着床した」「心音確認できた」「母子手帳貰った」って感じで、なんとか次のステップまで繋がってくれ、と願い続けている。ずっと不安で、喜ぶとか浮かれるとは程遠い。

 

もちろん、まだ妊娠初期だし万が一も十分あり得る。

それにしても異常に「まだ分かんないよね」「ダメでも仕方ないよね…」といつまで経っても考えてしまう自分がいる。

 

 

なんか、純粋な心配とはちょっと違うと思った。

俺が期待することで、何かあったときに嫁ちゃんを過度に落ち込ませたくないから「万が一があるかも…」と考え続けてしまう。結局は自分のために心配している。

 

俺は自分の事ばかり心配して、お腹の中の子を全然信じてないんだな…、と思った。

 

 

 

 

 

俺にとって、子供がいることは幸せの絶対条件ではない。

子供がいなくても嫁ちゃんさえ居てくれればいい。

その気持ちはずっと変わらない。

 

その上で、

お腹の子を信じるために「子供はいなくてもいい」という考えを、この際きっぱり捨てようと思う。

今この時も少しずつ育っているのに「別にいなくてもいいよ」と思い続けるのは絶対違う。

 

 

どれだけ小さくても、この子の成長は、父親である俺が一番信じてやるべきだ。

無事産まれてくることを心の底から信じたい。

 

あなたならできるよ、大丈夫。

ちゃんと産まれておいで。

信じてるから。

誰よりも信じてるから。

 

 

 

信じる覚悟として、不妊治療をやめようと決意した時の気持ちをここに置いていかせてほしい。これはこれで大切な思い出なので、削除せずここにそっと捨てさせてほしい。

 

 

 

 

 

不妊治療をやめようと決意したときのこと

我々夫婦は今年で結婚6年目。

すぐにでも子供が欲しかったが中々授からず、不妊治療をして、最終的には顕微受精という一番上のステップまで進んだ。身体に大きな負担がかかるし、一回チャレンジするだけで40~50万ぐらいお金もかかる。

 

 初めて体外受精をやったとき、とある結果が良くなくて

「次回も同じ結果なら、子供を諦めるのも道かもしれません」とお医者さんに言われた。

 

少ない望みにかけて際限なく治療を続けるのは精神的にも、体力的にも、キャリア的にもキツイものがある。

 

俺らは次のチャレンジを最後に、20代だけど不妊治療を辞めて2人で生きていくことを決意した。

 

 

 

 

 

嫁ちゃんは

「原因は私にあるから、離婚してもいいんだよ」

と言ってきた。

そんな選択、俺がするとでも思ったのだろうか。

 

「嫌だけど、ゆきちかにも選ぶ権利があるからさ」

と言っていた。

バカかと思った。

俺がどんなに嫁ちゃんを好きか、全然分かってないなと思った。

 

これは嫁ちゃん個人の問題じゃなくて、俺ら夫婦の問題なんだよ。

どこまでいっても嫁ちゃんの気持ちを理解することはできないと分かっている。それでも一心同体のように俺は思っていた。

 

 

 

嫁ちゃんは

「ゆきちかは他の人と結婚した方がよかったかもしれない」と言って泣いていた。

自分で言って泣くなら言わなきゃいいのに。

そんな訳ないって、分かりきってるじゃん。

バカだよなぁ。

 

でも不安を口に出してくれてよかった。

この先、不安になったら何回でもバカなこと言っていいよ。

その度に俺は、嫁ちゃんと結婚してよかったって、嫁ちゃんが大好きだって、何回も、何回も伝えるよ。

 

普段の態度を見てたら、どんなに嫁ちゃんを好きか分かるだろうけど、言葉が必要ならいつでも伝えるからさ。だからあんまり泣かないで。

謝ることなんて1つもないよ。

ただ俺が嫁ちゃんを大好きなだけ。

本当にそれだけだよ。

 

 

 

昔は「新婚だからこんなに好きなんだ!」と思ってたけど、もう新婚とは言い辛いよね。

 

それでも毎日、嫁ちゃんを好きだなって実感するよ。

喧嘩することもあるし、腹が立つことだってお互い沢山あるけど、本当に嫁ちゃんと出会えてよかったって思う。

 

嫁ちゃんの才能あふれるところも好きだし、

人や物に対してまで底抜けに優しいところが何よりも大好き。

ご飯を絶対粗末にしないし

当たり前みたいに努力できるところも好き。

家では甘えん坊なところもかわいい。

外ではしっかり仕事するのもかっこいい。

嫁ちゃんの笑顔は疲れを吹っ飛ばす威力があるよね。

俺の仕事を尊重してくれることも嬉しい。

 

好きなところは挙げだすとキリがない。

 

でも、この好きなところが全部無くなったとしても、俺は嫁ちゃんを好きだと思う。

 

 

 

 

 

 

俺は、子供がいることが幸せの絶対条件じゃないと思っている。

それでも子供ができない事実を悲しく思うのは、俺が嫁ちゃんを愛している証拠なんだよ。

 

そう思うとこの悲しみすら愛おしく感じてくる。

だからさ、もう少しだけ一緒に悲しもう。

大切な感情だから。

無理に前向きにならなくてもいいよ。

悲しみにしっかりと2人で浸ろう。

悲しみが消えなくても、それでもいいんだよ。

 

 

悲しいけれど、不幸ではないよ。

俺は嫁ちゃんが隣にいてくれたらずっと幸せなんだよ。

子供は諦めた方がいいとお医者さんに言われた時だって、俺はちゃんと幸せだったよ。

 

 

 

 

不妊治療が終わったら渡す予定だった手紙

嫁ちゃんへ。

 

お疲れ様でした!

沢山頑張ってくれてありがとうね。

嫁ちゃんにばっか負担がかかってしまってごめんね。

 

男って、生き物として無力だな~と痛感した!

より一層、日常で分担できることはどんどんやろうと思えたよ。

ありがとうね。

 

 

俺らはこれから、子供がいるからしょうがなくとかじゃなくて、単純に好き同士だから一緒に居続けることになるよね。

これってめちゃくちゃ尊い関係性じゃない?

俺の大好きないわさくじゃん。

ニコイチじゃん!

 

これからお金に少し余裕ができるね。

インドアで庶民派の俺らだけど、たまには美味しいものとか食べに遠出しようね。

犬とか猫を飼ってもいいよね。

今まで毎日楽しかったよね。

これからも同じ様に、2人で仲良く生きていこうね。

 

 

いつも一緒だからね。

悲しい時は一緒に悲しもう。

泣いてもいいけど、隠れて泣くのはやめてね。

治療痛かったね、本当に偉かったね。

頑張ってくれてありがとう。

変わってあげられなくてごめんね。

好きだよ。

大好き。

本当に大好きだよ。

それしか言えないけど、深く深く、あなたのことを想っています。

これからもどうか、末永く一緒にいてください。

 

ゆきちかより。

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

ということで、この思い出をここに置いていきます。

 

 

リアルでは言えない本音を言葉にすることで「無事に産まれておいで」という願望が言霊になって、なにか強い力を持てばいいなと思って書きました。

 

 

オタクブログなのに全く関係無いことを書いて申し訳ないが、ここは俺のメモ帳だから許してほしい。

大切な感情だから、慣れ親しんだところに捨てたかったの。

 

 

 

次からは通常通り、オタク記事を書くのでご安心を!!

お邪魔しました!!

ツイートの解説と、缶カンの話

※このブログは個人的な感想を言っているだけのブログです。真相は別として、趣味の範囲で楽しんでいます。ご了承の上楽しめる方だけお進みください。オチは特にありません。

 

よく分からない話題たちです。 

質問されたから答えてみたけど、うーん、これはなんのブログだ…???いつもに増して謎記事です。

 

好きな所だけ読んでね!

 

佐久間くんのオフバランスって何?

先日こんなツイートをした。

 

これを見て「オフバランスって何ですか?」と聞かれた。

オフバランスとは「重心が軸から外れていること」なんだが、嫁ちゃんが詳しく話してくれた。

※ジャンルによってオフバランスの概念は違うのかもしれません。この記事に書いてあるのはあくまでもバレエ出身の嫁ちゃんの知識だということをご理解ください。

※素人の俺が分かるように書いたので、細かい違いはお許しを…。

※嫁ちゃんの絵はパッションで感じてください!!ちょっと下手っぴなのも可愛いでしょ~~~~!笑

 

 

 

そもそも軸ってなんだ。

 

舞踊系のダンス(バレエ・ジャズ・モダンなど)は、筋肉を外に向かって伸ばすように使う。

何も考えずに引っ張ると、こうやって身体が歪んでしまうので

f:id:snow_186cm:20210503210813j:plain



 

身体の中心に杭を打つように、外に引っ張る力よりも強い軸を作ることで、身体を歪まないようにしている。

f:id:snow_186cm:20210503210834j:plain


 

 

重心の要は「腰」なので、

ザックリいうと軸の上に腰があるのがオンバランス(長時間止まれる)

軸から腰がズレるとオフバランス(一瞬しか止まれない)

だと思う。(諸説あり)

 

絵で表すとこんな感じ。

オフバランスの方は、持つ所なくなったら尻もちつくよね。

f:id:snow_186cm:20210503211051j:plain



 

 

 

 

 

佐久間くんのオフバランスっぽい動きっていうのは、身体の中心から、重心の要である「腰」「肩」「頭」を微妙にずらすような動き。

 

Storiesの、このS字っぽい振付。

いわだてはウェーブっぽく見えるんだが、佐久間くんはちょっとオフバランスっぽい。

S字の入りと終わり(1:36辺り)が、いわだては真っ直ぐ。

佐久間くんはほんの少しだけ重心がズレている。

f:id:snow_186cm:20210503211636j:plain


 

 

 

正しいダンス用語としては、この程度のズレをことをオフバランスとは言わないだろうが、嫁ちゃんが好きなのは佐久間くんのこういうところ。

これだけゴリゴリのダンスナンバーでも、柔らかい振付が出てきたらちゃんと柔らかく踊るのが好き。

 

逆もしかりで、

ハッキリした振りがあれば、柔らかい曲調でもハッキリ踊るのが好き。

Crazy F-R-E-S-H Beatの♪Dup dup dup mhmm…(う~タタラタタラみたいな所)で首を下に向ける動きとか。

CFBのあれ、回を追うごとに佐久間くんの首激しくなってない?

MVの時点ではそこまでじゃないけど、あのバチバチにアクセント取る首がすごく好き。

 

 

佐久間くんって「これはこういうもんですよね!」って、当たり前に近い踊り方を全力でやってくれる。

学問で言うと、佐久間くんのダンスは数学とか物理に近いイメージ。

正しくて、壮大で、答えが一つで美しい。

 

岩本くんは心理学や史学っぽい。

ラウールくんは化学。

渡辺くん英語。英語、英語、英語英語もう英語しかか勝たん!目黒蓮!(?)とにかく絶対英語!!

 

 

 

 

 

 

 

缶カンの話

※ここから先、スノのことはほぼ出てきません!読み飛ばして大丈夫です!

 

 

以前のブログで

ananが宝石みたいな缶カンに入ったクリスマス限定チョコレートだとしたら、 アイドル誌はラップに包まれた、おかん手作りのパウンドケーキみたい。

と書いた。

 

すると「缶カンのところ重複してるよ~」との指摘をいただいた。

俺的には誤字ではなく、「缶カン」という名詞として使っていたつもりだったが、検索してみると「缶カンは関西で使われる方言」というのがヒットした。

 

え!!?缶カンって方言なの?と驚いて、ツイッターやマシュマロで聞いてみた。

 

 

 

 

 

 

 

最初に開いたマシュマロが

『缶は「缶」です!』

とシンプルイズベストな強い言葉で、なんかめちゃくちゃ琴線に触れた。

 

 

 

他のマシュマロも大体は

『缶って言います!』

『普通に缶です』

『純粋に缶!と呼びます笑』

という感じで「え、缶は缶でしょ?」みたいな空気感がめちゃくちゃ面白かった。

 

自分は全く当たり前だと思っていないことを、多くの人からに「当たり前じゃん…」と真顔で言われてるのがすっごく楽しくて、真夜中に「た、たのしい~~~~~~~!!!」とリアルに声をあげてジタバタしてしまった!!!!

 

こういうのすっごい好き!!!

 

 

 

 

 

その後も『缶です』『缶ですけど…』と続く中、急に

 

『ガンガラと呼びます』

 

え、なに!!!?ガンガラ!!!?www

急に変化球が飛んできて、目を見開いて驚きながら読み進めていった。

 

 

 

 

ちなみに変化球は

『お菓子箱』

『缶こ(もしかしたら家だけかもby東北)』

『カンカラ(缶空)』

『缶箱』

『ガンガン』

でした。愉快~~!

 

 

 

 

結論としては

方言かどうか分からん!

 

①方言説

幼児語

②世代説(自分は使わないが50代以上は使う)

など、色々な意見があったが明確なデータは得られず。

 

缶カンと言わない人は約15%程度。

全国的に使われているが「缶カンと言わない人」は関東に多い。

 

「缶カンと言わない人」は『クッキーの缶』『トマト缶』のように内容物の名前を先頭に付けるという意見が多かった。

 

 

 

 

別にフォロワーさんは気になって無かったかもしれないけど、俺はすっごく楽しかったので書いちゃった!

教えてくれた方、アンケート応えてくれた方、本当にありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

 

質問への返答

缶カン以外にいただいた質問に対して一部答えたいと思います。

 

 

 

Q:ゆきちかさん家に代々伝わる幼児言葉はありますか?我が家だと「ちっかんちっかん(ウインカーや信号などの点滅)」と「ぴっぴ(リモコン)」です。

 我が家の幼児語

・お腹がいっぱいになって横になることを「ごろんぱする」

・頬と頬をくっ付ける外国のハグみたいなのを「すきもん」(好きな者同士がする挨拶なので)

・ごめんねのことを「え~」(「かんにんえ~」の略語)

・水のことを「ぶぅ」(一般的にはお茶を指す幼児語らしい)

 

といったラインナップです。

この4つは未だに使ってます。

今日も嫁ちゃんが「お腹いっぱいですぐ動きたくないよ~!」と言っていたので「ごろんぱしよし~」と言いました。

 

 

 

Q:美味しいレストランをネットで見つけたときなどに「後で行こうね!」と言われるとどんな時間感覚ですか?

マシュ主さん(埼玉出身)は「後日行ってみたいね」のつもりだが

ご友人(関東以外)には「今晩行こうね」と受け取られ、今日は無理だと断られたらしい。

 

 俺は「後で」と言われると「今やっていることが終わったら」という感覚なので、どちらかというと「今晩行こうね」に聞こえる気がします。

マシュ主さんの意図の時は、今度行こうね!と言うかなぁ?

 

 

ちなみに「後でね」は、京都だと断り文句でよく使われます。

「お姉さんお茶しようよ~」「後でね~」とか

「おもちゃ買って~」「あとでね~」とか。

だから自分が誘う時に「後でいこうね」と言うと、社交辞令に捉えられる可能性が高いので、俺はほぼ使わないです。

 

 

 

 

 

缶カン子供の頃から使っていました(滋賀県生まれ京都育ち流れ流れて大阪暮らしYO)

 これ全然質問されてないんですが、自己紹介ラップかましてくるマインドがすげぇ好きでしたw  京都育ちのところ「中京区育ち」「東山育ち」とかだったら語感がめっちゃ気持ちいい。

 

 

コメントくださったヒバナさんへ

足の特集はPOTATOです。切り抜いているので自信が無いですが、多分これだったと思います! https://www.amazon.co.jp/POTATO-ポテト-2020年12月号-雑誌/dp/B08KQ1LLXX 

 

 

宮舘くんのどんな表情が好きですか?

お口を四角にして「あっはっはっはっ!!!」って堪えられないように笑うのが好きです。

あとKISSIN' MY LIPSでワンコ様と撮影してた時のいい意味での作り笑顔?も大好き!!!!

 

あとキッシンの福神漬けとの2ショット?

かわいい。すき。

名前を「ゆきちか」から「福神漬け」にしようかと思ったもん。そしたら宮舘くんから「福神漬け好きなんですよね~」って言ってもらえるじゃん。

 

まって、その原理でいくと自分の名前を「ハイブランドの洋服」にすれば

「ゆきちかが好きなんです」

「ゆきちかを買うために頑張る」

「給料の8割はゆきちかにつぎ込んでいる」

って意味になるよね!!!???

 

めっちゃTシャツ着る部に入部したいとか思ってたけど、入部じゃダメだよな、洋服にならないと!!(???)

 

 

感想を送ってくださった方へ

ニコニコ読ませていただきました、ありがとうございます!

マシュマロを常設していない理由として、こういう素敵な感想や言葉を、自分1人しか見れないのが勿体ない気がしてならないんですよね。

 

それが俺に向けての言葉だったとしても、他の人にも見せてあげたくなっちゃいます。

「ブログを褒めてもらった」という事を他の人に見せびらかしたいのではなく「何かを見ていいなと思った人の感想」を共有したいんです。

 

 

もし今後機会やお暇があれば、匿名で皆に見てもらえるので、ブログのコメント欄にご意見書いていただけると喜びます。

まぁ強制する事でもないし、マシュマロの方が気が楽だったらそれでも十二分に嬉しいんだけどね~!そのときは独り占めして読んじゃお~っと!笑

『夢のHollywood』は舞台人にとってノンフィクション

※このブログは個人的な感想を言っているだけのブログです。真相は別として、趣味の範囲で楽しんでいます。ご了承の上楽しめる方だけお進みください。オチは特にありません。

 

失礼ながら、トラジャ担ではありません。

スノ担です。

 

お隣の畑に首を突っ込みたいわけじゃないのですが、

ロダンサー(便宜上)の妻が、以前『夢のハリウッド』が楽曲として素晴らしいとあまりにも絶賛していたので、1つの記事にまとめました。

 

 

前半は楽曲について、後半はメンバーから受けた印象を書いています。

目次から好きな所読んでね!!!

 

 

 

 楽曲に対する印象

妻はジャニオタではなくただの「ダンス好き」だ。

だからSnow Manのバラエティ番組はどれだけ誘っても見てくれないが、Travis Japanのパフォーマンス動画は自主的に見ていた。

 

 

夢のHollywoodの動画を見た妻は

「作詞した方は、舞台に立った経験のある方なんだろうか」

と、しみじみ言ってきた。

 

舞台人が、夢の舞台に立った時のことをそのまま歌にしたような感じがしたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

※あくまで妻が感じた感想です。

 

♪月の見えるオーシャン 憧れの街 Right Here

まるで夢のような (Hollywood Night)

妻曰く、憧れていた舞台の建物に一歩足を踏み入れたときは、意外と実感が湧かないものらしい。

「あ、普通にトイレとかあるんだ」みたいな気持ちになる。

 

一番緊張するのは、その舞台の最寄駅や街に降り立ったとき。

「ここがあの〇〇……」と感慨深くなる。

どこか現実味が無く、街並みを眺めながら

「憧れのこの街で数時間後には舞台に立っているんだ……」と信じられないような、ワクワクするような気持ちで舞台まで向かう。

 

 

 

♪揺れるスパンコール

ライティングアップされて

光飛び散るステージに

 この3行に、舞台袖での気持ちが全て詰まってる。

 

袖で何かしたところで、急に上手くなるはずもない。

でも最後にできることはある。

気をつけるポイントを整理して、興奮で広がっていきそうな身体を中心に寄せて、心は熱く頭は冷静に。

そう思うのに舞台に立てる緊張もワクワクも不安も止まらなくて、ソワソワしちゃう。

そんなソワソワしている自分の気持ちに気付いて、また心も身体も中心に寄せ集めるように、やる事をやって、でも気づいたらまた興奮してて。

 

そんなことを繰り返してると、最終的に腰に手を当て目線を真下に向けて、自分の衣装のお腹辺りを見てたりする。(これは舞台人あるあるだと思う。)

「あ、ここだけ大きいスパンコールついてたんだ〜」

とか急に謎の発見をして、皺がないかとか、布がひっくり返ってないかとか最終点検をしたりしてるうちに、自分の出番がくる。

 

 

袖幕の中には、こんな感じで横からの照明機械が置いてある。

f:id:snow_186cm:20210429183426j:plain

 

 

横からステージをみると、巨大な懐中電灯で照らされているみたいに光の道みたいなものがうっすら見える。

 

その目の前の光の道に入っていくような感覚で、舞台に出ていく。

 

一歩舞台の上に踏み出すと、その光の筋は1本ではなく、四方八方から交差してぶつかって、キラキラ飛び散っていることに気づく。

 

 

「揺れる(衣装についた)スパンコール (暗かった舞台が)ライティングアップされて 光飛び散るステージに(出ていく)」

そんな出番前の情景が目に浮かぶような3行の歌詞だ。

 

舞台に飛び出す直前ってこんな景色。

この写真は設営途中なんだけど、本当はもっと照明もキラキラしているらしい。

f:id:snow_186cm:20210429184435j:plain

 

 

 

 

あと、川島如恵留くんが

♪光飛び散るステージに~ と歌う時、瞳に反射するライトが綺麗だ。

 

ステージに立つとき、瞳の中に照明を反射させながら踊ったりする。

瞳が輝くとお客さんはこちらを見ざるを得ない。

めちゃくちゃ計算しているわけでは無いが、半分無意識でやっている。この感覚は踊らないと分からないと思うが、瞳に光を入れる感覚は、やると本当に病みつきになる。

この如恵留くんの瞳が輝いている感じが、これぞステージって感じが凄くする。

 

その後の中村海人くんのおめめもキラッキラで、見ていて泣きそうになる。

 

 

 

華麗なステップで (Dancing Night)

始めたいね First Show

この歌詞も、まさにその通りすぎてびっくりする。

 

最初の一歩、1ステップで、上手か下手かはお客さんにバレる。

1歩目はめちゃくちゃ気を遣うし、めちゃくちゃ練習する。

 

人によるとは思うけど、嫁ちゃんは踊り始めるとき練習した1歩目のことを頭の中で思い出しながら、丁寧に踊り出す。

2歩目からは自然に体が動いてく。

 

 

 

 

♪願い叶える  次のステップへ 俺らの心一つに

 振りの中には

「絶対このステップを決めないと次の仕事に繋がらない。願いはかなわない。」ってステップ?技?がある。

舞台人なら何となく「ここは魅せなきゃいけないところ」って感覚がある。

この直前は少しだけ意気込む。

お客さんにバレないように踊りながらこっそり気合を入れる。

 

 

 

 

そしてサビ。

そもそもサビ振り付けがおしゃれだ。嫁ちゃんは

「え、サビなのに音感じちゃうの!?おしゃれ!!!確かにこの空気を感じて楽しめない人は舞台では生きていけないけどさ!!でもこの振りだと、嬉しい気持ちの方が出ちゃうじゃん!!え、なになに!!」

と大興奮していた。かわいい。

 

ちなみに

「ゆきちかもサビ踊ってごらん?この振り、めちゃくちゃ音に乗れて楽しくなるから。」

とニコニコかわいい笑顔で言われたので俺も踊ってみたが、ダンシングサンタみたいな謎の動きしかできず、全く楽しさは分からなかった。

(若い子は知らないかもしれないので、拾ってきたダンシングサンタ動画置いておきます)

(いや何の補足やねん!!)

 

 

♪夢のHollywood 風が舞い踊る街

イヤな事 忘れて Allnight Dancing

夢のHollywood 抑えられない気持ち

ここで見つけよう 輝く未来

舞台に立っている間は、嫌なことなんて一つも頭に無い。

悩み事があろうが、足が痛かろうが、体調が悪かろうが、一歩でも舞台に立てばそんなことはどうでも良くなる。

本当に、気持ちが抑えられなくなる。

 

舞台上で生きて行きたいなと、改めて思う。

 

 

 

♪過去と過去と別れを告げて

今ここでショーをして

明日はない 覚悟して 今日を生きよう!

これも本当にその通り。

舞台ジャンルにもよるが、役を降ろされたり、契約を切られたり、自ら移籍したり…。

明日も同じメンバーで舞台に立てる確約なんて無い。

過去にすがらず、覚悟して生きて行かないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段の妻は、気に入ったダンス映像を見ると必ず最初から最後まで1度踊ってみる。

 

でも夢のHollywoodは、気に入っているにも関わらず、踊らなかった。

 

どうしてか尋ねると

この曲は「7人が音楽に合わせてノンフィクションの人生を見せてくれている」ような認識らしい。7つの短編小説を読んでいるようなイメージ。

 

この曲を踊ってしまうと、7つで完結している短編小説に、無理やり自分で8編目を書いて貼り付けるような感じがして、無粋で楽しめないらしい。

表現者特有の不思議な感覚だなぁと思った。

 

 

こういう曲って、アイドル特有だと思う。

ファンが個人的に「この人達じゃなきゃダメ!」と思っているわけではなく、事実としてこの人達じゃないとダメな楽曲。

違う人がやったら本当の意味で全く違う作品になってしまう曲。

その人の人生を切り取るような曲。

ちなみに嫁ちゃんは、Snow Manの『終わらないMemories』に対しても同じことを言っていた。

 

 

 

 

 

『夢のHollywood』は、未来まで語り継がれるような気がする。

 

縁起でもないが、例えTravis Japanが解散したとしても、今の形じゃなくなったとしても、この曲は「この7人」のものとして音楽史に残っていくと思う。

 

ずっと遠い未来、メンバー全員が天国に行ったとしても『夢のHollywood』の登場人物7人として、彼らはずっと作品の中で生き続けると思う。

 

 

 

それぐらいこの曲は、舞台人に刺さる。

ノンフィクションの小説を見せてもらっているようだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーに対する印象

ダンスだけを見て好き勝手言っているので、性格などは実際の正しい情報じゃないと思います。

「妻にはこういう風に見えたよ~」と、個人的な感想を書いているだけなので「へ~そう見える人もいるんだ~」と楽しめる方だけ読んでいただけると助かります。悪いことは書いていないつもりです!!!

 

 

 

 

 

 

宮近海斗くん

色々飛びぬけてる。超LOCKっぽい。この人はダンスでしか表現できないものを持ってるタイプだと思う。彼をセンターに据えるってことは、このグループはダンスを売りにしたいんだなと、見ていて分かりやすかった。

あと、メンバーの殆どがこの人の踊りをすごく好きそう。

メンバー直々に指名されてセンターに据え置かれてるのかな?と思った。

普通にずっと見ちゃう上手さ。

 

 

 

 

中村海人くん

本人の性格がおしゃれ。洋服とか好きそうなタイプのおしゃれ。ステージ上では無垢なイメージ。

 

♪まるで夢のような~ で後ろに反る時に、お腹が伸びている。

技術先行でこの動きをやると、お腹は伸びないのでは?思う。(伸ばすのが普通ってジャンルだったらごめん)

恐らく彼の感性から出てきた動きで、こういうのやる人っておしゃれ好きそうだなって思う。

 

あと♪Hollywood Night~ 

上手側に首を振るタイミングと質感

その時の上体の角度

下手に首を戻すタイミング

さらにこの一連の動作の、上半身と下半身のコンビネーション感というのだろうか?

 

諸々含めてこの部分が凄くおしゃれだなって思った。

発想がすごい系じゃなくて、コーディネートのセンスがある感じ?

 

youtu.be

 

 

 

七五三掛龍也くん

可愛い顔してるのにめちゃくちゃ男らしい。

『人は見かけによらない選手権』の日本代表になれそう。

 

動きを最後まで必ずやり通すなと思った。

ちょっと頑固で自分の決めたことは曲げなそう。

 

でも「絶対我が道を行く!!」といった、Snow Manの宮舘くん・阿部ちゃんみたいな鋼メンタルの頑固ちゃんでは無く、のらりくらりとかわしながら、こっそり自分のペースで我が道を行くタイプっぽい。

移動距離とかの関係で微妙に踊りを端折るとき、端折り方がちょっと頑固。

なんかこだわりがある人なんだろうなと感じる。

この人って何が趣味なんだろう?

 

ファンは、彼のどこが好きなのか単純に気になった。

可愛さだろうか?男らしさだろうか?

2派に分かれそうだなぁと思う。 

 

 

 

 

 

川島如恵留くん

全く悪い意味じゃないんだが、自分の個性に自信がなさそう。

 

だからこそ正しいことを自分の中に1つずつ集めている感じがして、踊りが優等生っぽい。しかもめちゃくちゃ正しくて優等生っぽいのに、どこか薄ら暗いものを感じる。

 

他人には理解されにくいと思っている感情を、内に秘めている感じがする。

それを隠して綺麗に取り繕っている感じ。もっと彼の内面や、ニッチな性癖的なものをダンスを通して見たい。

この人のファンになったらなんかヤバそう。

沼深そう。

 

あと、多分バレエ通ってる。

でも基礎の基礎を本格的に叩き込まれた人では無さそう。

頭がいい&バレエが好きだからバレエ的要素が色濃く残っているが、叩き込まれて勝手に筋肉が優雅に動いてしまうのではなく、美しいものが好きだから自ら選択してエレガントに踊っている人。

数学とか美しいものが好きそう。

 

 【追記】

「この奥さんはノエルくんのこと嫌いなんだろうな」という意見を目にした。


俺の言葉が誤解を生んだかもしれないが「優等生・自信がなさそう・薄ら暗い」というのは、魅力的という意味で言っている。

言い換えると「とても正しく美しく踊っているのに自己評価がなぜか低く、本心から謙虚で、どこか影があって気になる」という意味だ。

こういう人ってすごく魅力的で、多くの人から好かれると思う。

嫁ちゃんも勿論、ノエルくんの踊りが嫌いなはずがない。

そこだけは誤解されたくないから追記させて!!!!!

【追記終わり】

 

 

 

 

吉澤閑也くん

まじでダンス経歴が謎。

 

普通に上手なのに、基礎というか、ダンスの当たり前が無い踊り方をする。多分幼少期にダンスをやって無いんだと思うが、大きくなってから始めたにしては出来ることが多すぎる。あんまり見たことないタイプ。 

運動神経がいいのか?

なんか運動やってた?

なんだこの人は?

ジャンプ力ありそう。おしりと肩幅。

 

(気になって調べてみた。バスケをやっていたのね!)

バスケをやっていたことを妻に伝えると、

「なるほど~!!バスケね。分かる気がする。それか水泳とか水球かと思った!」と謎に納得していた。

 

 

 

 

松田元太くん

この曲、この映像に関してだけ言うと、何かに遠慮しているように感じた。

 

もちろん上手ではあるが、彼の音楽性はもっと別にあると思う。

いい意味で音の感じ方が他の人とかなり離れている。

独特で、個性的で、何かとんでも無く良い感性を持っていそう。

周りと空気感が違う瞬間があるから、そこをもっと見たいと思った。

別で得意ジャンルがあるのかな?

彼のセルフプロデュースでソロが見たい。

アイドルなので難しいと思うが、お客さんから求められているものとか全く考えないで、本当に彼が踊りたいものを見てみたい。

 

 

 

 

松倉海斗くん

いい意味でこの人が一番うるさい。空気が読めない。(めっちゃ褒めてます!!)

個人的な感想だが、彼はSnow Manの佐久間くん、なにわ男子の大橋くんと同じ役割を担っているように思う。

 

宮近くんとは違うタイプの、Travis Japanというグループのダンスに目を向けるきっかけを持っている人。

好き嫌いとかじゃなくて、注目させるためのクラッカーみたいな爆発音を事実として持っている人。

ぼ~っと見ていても彼だけ目に飛び込んでくる瞬間がある。

でも佐久間くん達と比べて、小さい音でしか爆発音を鳴らさない。彼は他メンバーより若いからだろうか?

 

 

あとおしゃれなことが好きそう。

中村海人くんと違って、歌とか色彩が好きそうなタイプ。コーディネート感では無く、自分の世界に入っちゃうおしゃれさ。

 

宮近くんと違って、ダンス以外でも芸術表現ができそう。

自分で目標を設定したら、達成するために自分を変えることに対して躊躇なさそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合ってるのか間違ってるのか全く分からないが、妻が感じた感想でした。

 

 

 

 

 

 

最後にこんなエピソードを一つ。

 

以前俺が

Travis Japanってカイトが3人もいるんだって!どうして同じグループに、同じ名前の人3人も入れちゃったんだろうね~」

と何気なく嫁ちゃんに話したら

 

「名前なんてどうでも良くなるくらい、3人それぞれのパフォーマンスが素敵だったから選んだんでしょ」

 

とサラッと言われた。

 

俺はトラジャ担ではないんだが、なんかすごく誇らしいような、じわじわ嬉しいような気持ちになったのをよく覚えている。 

 

全然関係ないんだけど、なんとなく誰かに聞いてほしくて!

お裾分けのエピソードでした!!笑

 

 

オチなし!!笑

 

おしまい

 

 

  

 

蛇足

このご時世、色々あるよね。

SNSなどで意見を言うと、悪気は無くても誰かの気に障ることが必ずある。

ましてや推しじゃないグループの事はとても言い辛い。

 

 

俺に言えることは何も無いんだが、

Travis Japanが魅力的でカッコいいグループなことが、

お隣の畑にいる俺にも、

ジャニーズ自体に興味ない嫁ちゃんにも

ちゃんと伝わってきてるよってことが言いたくてこの記事を書いた。

 

 

 

トラジャがかっこいいなんて、皆知ってると思う。

でもね、でも言いたかったの。

 

 

(心配だな)

(大丈夫かな)

(俺が触れるべき話題じゃないよな)

 

ニュースを見て様々な思いが駆け巡った。

最後に俺の中に残ったのは

「俺はTravis Japanが凄いグループだって知っている」

ってことだった。

 

 

俺知ってるよ、トラジャがカッコ良いの。

 

 

だからどうって話じゃない。

ただ、知ってるの。

 

 

それだけなの。

 

 

 

俺みたいなファンじゃない層にも、魅力は良く伝わっています。

これからもどんどん色々な層に広がっていくんだろうなと思います。

 

 

Travis Japanメンバーと、

トラジャ担と、

トラジャに関係する全ての方に、どうか沢山の幸せが降り注ぎますように!

 

お隣の畑からこっそりと祈っております。

 

 

 

 

 

大変お邪魔しました~! 

謎のメモたち

仕事のメモを整理していたのよ。

そのメモの間にSnow Manへの叫び?ブログの下書き?がいくつも出てきた。

このまま削除をしてしまうのがなんかもったいなくて、楽しかったメモはどっかに残しておきたいなぁ~と思ってね。

 

ブツ切れだったり、意味不明なことも多数!!

暇つぶしになればいいな~レベルです。

 

一応目次↓

 

 

スノ担は全員かわいそう

 

佐久間担は分かりやすくかわいそう。

 さく日なんか「みんなーーーーーーー!!!ぴーーーーーーす!!!!!あ、これあげる!!!(爆弾写真ドーン)おっちーーーーーーーーーーー!!!」 じゃん?www

いつも物凄い疾走感で文章が進んでいき、急に爆弾を投下されて死屍累々となるファンたち…。うわ…えげつねぇな、っていつも思う。

しかも、ニコニコ可愛いアニメオタクだと思ったら、えげつないカッコよさでパフォーマンスしてくる。

え?どちら様?って何回見ても思う。

結構真面目に、佐久間くんのパフォーマンスが嫌いな人はこの世にいないんじゃないかって思う。

個人の好みはあるはずなんだが、佐久間くんの前では好みなんてねぇというか、なんといか、いや、みんな好きだろ!!?みたいな圧倒的な魅力?う~~~ん、ニュアンスよ伝われ!!!!(念)

 

 

 

阿部ちゃん

いや、これまた分かりやすくかわいそうよね。

ファンが求めてるものをちゃんと供給してくれるじゃん。めちゃくちゃあざといし、阿部ちゃんは計画的にファンを殺しに来てるよね?犯罪者役とか絶対似合うでしょ、サイコっぽいのやってほしい。

 

 

ふっかさんは一番やべぇ。

こいつはマジでやべぇ。

言葉を選ばずに言うと「存在が癖(へき)」よ。

すのザムの羊数える動画?あんなん、ちょっとしたフェチビデオじゃん?(最低です。ごめんなさい。)

 

 

嫁ちゃんから見たふっかさん

ふっかさんは「イケメン枠」で売ったら勿体ないと思う。彼のカッコよさって、作られたものじゃない。だからこそ稀有で、惹かれて止まないファンが数多くいるんだと思う。

 

めめがモデルの仕事をすると「技術」「芸術」ってイメージ。

ラウちゃんは「表現」「世界観」って感じ。

でもふっかさんは「逢瀬」に近い感じがする。

 

逢瀬はこっそりやるもので、人様に大々的に見せるものじゃない。 だからファンの方には申し訳ないが「イケメン枠」で大々的に見せるのはちょっと勿体ないなぁと、個人的には思ってしまう。

 

 

 

 

だてふからじらー

今日は俺がお菓子!!!!????

ちょちょいちょいちょいよ!!!!!!

食べてください的なスケベな話?今からスケベな話するの??

 

さも「これは正しい企画です」みたいな説明してくれるけど、何回説明聴いても今日は俺がお菓子って何???って思う。

『今夜のオカズ~宮舘を添えて~』ぐらい何???って思う。

ヒカルバニアほどではない。あれはちょっとした狂気。淡々と進行していくひーくんに恐怖すら感じた。でもそれがいい。

 

 

 

ロイヤルハロウィーンは分かるけど、

ふっかふかハロウィ〜ンって何?

 

 

いや、冷静になれ、俺。

ロイヤルハロウィーンもよく分からんだろ!!

なんだよ、ロイヤルハロウィーンって!!

 

「辰哉は〜」って罰ゲーム、まずそれ自体が最高に良かった。更に「涼太は〜」って言ってた可能性にも興奮する。え、一人称涼太ってやばない?

 

「誰が行くの?」

「私が…」

「私じゃ無いでしょ?」

って辰哉って言わせようとする、宮舘くんの声色の強さがめちゃくちゃ好き。俺もふっかさんに命令して~~~って心の底から思った。

 

 

 

だてふか素のまんま

だてふかお祈り・・・と、と、、、とおと、、とととおおとおと、尊、、

と、tttっととおとい、、あっ、あっ・・・・

 

 ほえさん!埼玉県ほえさん!!ありがとう!!!メールを送ってくれてありがとう!!!

 

まって!!!!黒髪に黒染めって、それはもうロイヤルブラックじゃん!!!!!!!!!美意識たっか!!!!!!!

 

 

 

 

 

いわさく素のまんま

待って待ってwww

ひーくん、そんなに嬉しそうに何回も佐久間って連呼しないでwww

 

今、雨の中ランニングしてるのに、いわさく可愛すぎて笑っちゃうからwww俺不審者になっちゃうからwww

 

 

 

最初の呼び方→現在の呼び方

俺の中で、Snow Manを知った当初から呼び方が変わったので書き出してみた。

 

【距離近づいた系】

岩本くん →ひーくん

目黒蓮 →めめ

塩麹よりも向井康二 →康二くん

ラウールくん →ラウちゃん♡

 

【変わらない】

ふっかさん

阿部ちゃん

 

 

【距離離れた系】

さっくん →佐久間くん

舘様 →宮舘くん

しょっぴー →翔太くん(new!)

 

 

 

 

康二くんブログボツ

康二くんの「人の笑顔を引き出す力」は目に見えないので評価し辛いが、岩本くんの「振付を作れる力」と同じぐらいのニュアンスで凄いと思っている。

 

岩本くんが作ったという付加価値が無くても、振付単体で素晴らしい。

また振付を通して、岩本くんのセンスや人柄を可視化できる。

例え振付ができなくても、岩本くんが素晴らしいことに何も変わりはない。

 

それと同じように、

康二くんが引き出したという付加価値が無くても、写真やメンバーの笑顔単体で素晴らしい。

でも写真や笑顔を通して、康二くんのセンスや人柄を可視化できる。

例え人を笑顔にできなくても、康二くんが素晴らしいことに何も変わりはない。

 

それぐらい、康二くんの能力は稀有で素晴らしいものだと思っている。

きっとファンがそう伝わっているだろうが、分かりやすい指標を出して「すごいと思ってるよ!」と言いたかった。 

カメラを通して、あなたの目に、綺麗なものが沢山映ればいいなと思っている。

 

 

 

コンビ厨

どの組み合わせでも最高って言っちゃうんだけど「何でも好き~!」って感じじゃなくて、1組1組の組み合わせそれぞれに熱い想いがあって、結果的に全ての組み合わせが好きなのよ。

Snow Manはどの2ショットでも仲良いよ!好き!」じゃなくて

「あべふかの○○なところが好きで…」「だてラウの○○が好きで…」「めめさくの○○が好きで…」って数えて言ったら結果36通り全部好きだったって感じなのよ。

それをふまえても、やっぱりこのだてさくは最高。 (おい過去の俺、何を見てそう言ってるんだ!!どのだてさくが最高だったんだ!!!?)

 

 

 

 

礼儀正しさ

子供の頃「あいさつは大事」って言われても「はいはい知ってる当たり前〜」ぐらいの感覚だったけど、大人になるとやっぱり挨拶って大切だと実感する。

少年忍者の回、失礼ながら全然名前が覚えられないんだけど、宮舘くんの話を正座で聞いていた子。ボケとして正座をしたんだろうけど、やっぱり礼儀正しいってのは好感と共に印象に残る。

 

川崎皇輝くん。

唯一少年忍者で名前を覚えている。

みんないい子なんだろうけど、だからこそ、そこから一つ前に出るのは大変で、礼儀正しいってことが引っ掛かる人もいるよって、そんだけの話だ。(今はもう少し名前覚えたよ!)

 

 

 

アイドル雑誌

アイドル雑誌すげえ。

ananと真逆というか「ほらこれが好きなんだろ」って提示されて「悔しいけどそうなんです😫😭」ってなる感じというか……。

 

ananが宝石みたいな缶カンに入ったクリスマス限定チョコレートだとしたら、

アイドル誌はラップに包まれた、おかん手作りのパウンドケーキみたいな。

作品として仕上げようというより「美味けりゃいい。お前好きだろ?」って好みを熟知されてる感じというか、好きだって言うのしゃくだけどやっぱり美味いっていうか…。

 

あと足の特集してる雑誌があると聞き、買いました。「これ、見ていいモノなの?足のアップって全裸より全裸じゃん。」と嫁ちゃん大興奮。

 

 

 

 

シンメのはなし

 嫁ちゃんがダンスの構成を考えながら「はるはるシンメで動かしたいな~」と呟いていた。

 

「シンメ!!?」とアホほど反応してしまったんだが、嫁ちゃんの教え子にはるちゃん(仮名)が2人いるらしい。同じ名前で同い年のシンメ。なにそれ運命じゃん!!

だ。

からしたらシンメってのは「運命共同体の2人」ぐらいの感覚だ。

「シンメトリー」のシンメではない。

シンメと書いて「運命」と読んでもいい。

シンメ厨なので、絶対はるはるを離さないでほしい。(何だこの文章?)
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のメモ

このご時世、色々な感情があるよね。

 

怒られるかもしれないけど、俺にとってSnow Manから与えられる感情は全て「エンタメ」なので、悲しみや無念すらもどこか楽しい

無理に悲しみを乗り越える必要も無いし、上手にこの期間を過ごす必要もない。

見苦しくても全然いいし、人それぞれずっと悲しくても、すぐ前向きになってもいい。

悲しみ方が上手になる必要は無いから、しっかり悲しんで、怒って、この時期のSnow Manを存分に楽しみたいと思っているタイプだ。

こういうのは本当に人それぞれだよね。

 

 

 

ちなみに嫁ちゃんの舞台も中止になった。

嫁ちゃんと話してたんだが、先日の舞台終演後や、めめ日、すのザム。Snow Manファンに気持ちを伝えられる媒体をいくつも持っている。シンプルにジャニーズって強いなと思った。

 

多くの舞台は、無機質なメールや掲示物で終わりだ。どんなに熱くて深い思いがあったとしても「中止のお知らせ」という数行の文字しかお客さんに伝えることはできない。

でもSnow Man

舞台上から生の言葉と態度で、

ブログから文章で、

すのザムから動画で

色々な方法でメンバーの意思や「熱」を届けてくれた。

 

 

受け取り方は人それぞれだが、必ずファンに思いが届けられる媒体を持っていることは、舞台に立つ側の人間としては羨ましいほどに強い。それを許可してくれる事務所?レーベル?劇場?分からないけど、関係各社全てが強いと、嫁ちゃんは言っていた。

 

 

 

俺には、Snow Manが届けようとしてくれた「熱」がストレートに染みた。

めめの視野の広さに感服したし、すのザムもすっごく嬉しかった。

 

特にめめに対して深い感情を抱いた。めめをより一層好きになったし、同時にめめを理解することは一生できないんだろうなと思った。まとまらないめめへの感情も、まとまらないままでいいんだと思った。…って何言ってるか分からんよね!またいつか書くね!)

 

 

 

悲しんだり、怒ったり、いろんな感情が過ぎ去った後、結局残るのはSnow Manが大好き」って感情なんだろうなと思っている。

 

 

やっぱりSnow Manを応援していると、毎日楽しい。

 

綺麗ごとじゃなく、本当に毎日楽しい。

 

いつもありがとう。

これからもどうぞ、末永くよろしくお願いします。

 

 

 

 

おしまい

向井康二は、自分の魅力に気付くべきだと思う

 

※このブログは個人的な感想を言っているだけのブログです。真相は別として、趣味の範囲で楽しんでいます。ご了承の上楽しめる方だけお進みください。オチは特にありません。

 

康二くんのダンスについてです。

あくまで個人の感想なので「へ~そんな受け取り方をする人もいるんだなぁ~」ぐらいのニュアンスで、楽しめる方だけ読んでほしいです。

 

デビュー前の印象

デビュー前のダンス動画をいくつか見て、嫁ちゃん(プロダンサー)は「この人すごい気にしい」と言っていた。

 

康二くんの踊りは 「答えは合ってるけど、式が合っていない数学のテスト」みたいだと思った。 (ダメとかじゃないから!!!後で詳しく!!)

嫁ちゃんが引っ掛かったのは、ダンスのつながりの部分。基本的にダンスは重心や意識が移動することで動きが生まれる。

 

例えば

身体を前に傾けていくと前に一歩足が出る。

足を出そうとしたんじゃなく、傾いた結果として足が出る。

 

でも康二くんは、身体が傾いてないのに足を一歩前に出すような踊りをする。他人の良いところを見て、いきなり答えを真似して踊る。

テストでカンニングしたら先生にバレるように、この動きは康二くんから自然と出てきたものじゃないことはダンス経験者からすると何となく分かるらしい。

カンニングと言うと悪い事の様に聞こえるが、全く悪い事ではない。多かれ少なかれ皆やっているし、完成形を真似することで自然と途中式部分も備わってくる。

 

 

ただ、嫁ちゃんが「気にしい」だと思ったのは、真似する人物や動きに統一性が無く、いいものを全て取り入れようとする姿勢を見て「気にしい」だと思ったらしい。

1曲の中で、岩本くん、ラウールくん、佐久間くん、深澤くんと、全くタイプの違う4人を真似したような動きがあった。

ポジティブに捉えると向上心がある証拠だが、ネガティブに捉えると自分のダンスのカッコ良さに自信が無いのかな?と思った。

 

でも康二くんには明らかに自分のダンスがある。

表現したいものがある。

何故それを表に出さずに、他者の真似ばかりするのか不思議だった。

 

他人の表現の方がカッコいいと思ったんだろうか?

 

 

 

あと「怖いな」とも思った。

他のメンバーも他人の真似はするが、良いところは取り入れつつも自分の個性は残している。 でも康二くんは残さない。 あまりにも残さない。

この人、下手したら周りのためなら自分はどう思われてもいい、どうなってもいいって行動する人だと思った。いつか消えて無くなりそうで、彼を応援するのはすごく怖いと思った。

 

 

 

 

 

Grandeur発売前の印象

真似することが少し形になってきたと思った。

(上から目線でごめんなさい)

 

特に最後の方センターで踊るところ。

身体のラインも相まってとても綺麗で上手だった。 重点的に練習したのがよく分かったし、いままでの康二くんっぽくないけどカッコよかった。

 

岩本くんの基礎の部分?を色濃く盗んでいた。大変だけど王道を進んでいて、今後も踊り続けていく意志のようなものを感じた。

他人を盗み続けるのも、これはこれで凄くいいなぁと思った。

 

 

 

 

でも同時に

♪Now this time fight for liberty 真実さえ飲み込む常識を Break~の残った足のような、康二くん本人から出てきた踊りももっと見たいと、相反する事も思った。


 

 

 

 

 

 メイキングで知った康二くんの魅力

驚いた。

Grandeur特典のメイキングを見て、ものすごく驚いた。

「いっぱい他人を真似する道もいいなぁ」と思っていたが、元々持っている康二くんの魅力が想像以上に素敵だった。

当時の嫁ちゃんの感想をこんな感じでツイートしていた。

 

 

♪Take you to the sky~で両手を伸ばすところ。メイキングの映像は振り入れ直後で、まだどう踊るか揃えていない段階だと思う。

 

左手を横に伸ばすと解釈していたなら、顔は正面がオーソドックス。

左手を斜め下に伸ばすなら、顔は左下。(最終的にこれが採用されてる)

この顔の付け方が一般的だと思うが康二くんはどちらでもなく、真下を向いている。

 

 

これはこれで正しい。

でも普通じゃない。

踊る人は何となく理解してくれると思うが、ここで下を向くのは間違ってないが、普通のチョイスじゃない。

 

ゾクゾクした。

見ていて本当にゾクゾクした。

他の8人からは出にくいニュアンスだと思う。

 

 

嫁ちゃんは

「なんだ、やっぱり持ってるんじゃん。しかも凄くいいじゃん。なんでこんなに良いものを持ってるのに、どうしてここまで他人を盗むんだろう。他のメンバーも勿論カッコいいけど、康二くんが持っている魅力も負けず劣らずカッコいい。

康二くんは自分のダンスの魅力に気づいてないんじゃないの?康二くんはもっと自分のダンスの魅力に気付くべきだと思う。勿体なさすぎる、こんなにカッコいいのに!!」

と、少し怒ったように言っていた。

 

 

この意見、嫁ちゃん1人だけが思っているわけじゃない。

俺のフォロワーさんにダンスが上手な方(だがしやさん)がいる。

ちなみにこの方はストリート系の方で、嫁ちゃんいはく「私と真反対、ゴチゴチのヒップホッパーで踊りが重くて太くて最高やばやば。」らしい。何その褒め方w

 

その方も以前同じようなことを言っていた。(リンク許可いただいてます)

 

 

 

そしてつい先日、このブログを書いてる途中にふとTwitterを開いたら、だがしやさんがこんなツイートをされていた。

 

思わず俺も反応して、同じことを嫁ちゃんも言っていると伝えた。

 

踊りの上手い2人がたまたま同じことを言ってるだけ。

ただそれだけなんだけど、分かる人が見れば康二くんのニュアンスはきらりと輝いていて、魅力的に見えるんだと思って感動してしまった。

 

 

でも誤解しないでほしいのが、最近の踊り方もカッコいいし素敵だと思っている。 

「そっちも引き続き見たいし、プラスこっちも見たい!」と欲張りな願望を呟いているだけで、今を否定するわけでも、文句をつけているわけでもない。結局は康二くんの好きなように踊ってくれればいいと思っている。(偉そうでごめん)

 

 

 

無理な妄想だが、いつか全員のニュアンスを康二くんに合わせた踊りが見てみたい。

もし「自信ないわ~」というなら、康二くんが振りをもらって、それを見て岩本くんが細かいところの手直しするのはどうだろう。そうすれば康二くんのニュアンスは活き、不自然な部分は揃えられるんじゃないだろうか。

振付師さんを蔑ろにすることになるので難しいが、それぐらい康二くんの感性が見たい。あまりにも魅力的だ。

 

康二くんは素晴らしいものを持っている。

本人が思っているより遥かに魅力的なものを持っている。

彼に目を奪われるとき、そのニュアンスは盗んだものではなく、康二くんから出ていることが殆どだ。

グループだし勝手なことはできないだろうが、もう少しだけ自分を残したものも見てみたいなと思ってしまう。

 

 

結局言いたいのは「康二くんのダンスには、きっと本人が思っている以上の魅力があるよ」ということ。

でも今のスタイルを変えなくたっていい。何より、こうやってファンがどうこう言おうと、気にせずこれからも本人の好きなように踊ってほしい。(矛盾)

でも康二くんのダンスを守れる人は、康二くんしかいないので。

どうか、大切に。

大切には、してあげてください。

 

 

私は、あなたの踊りが大好きです。

 

 

 

 

 おしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

タイトルの話は終わりですが、折角なので嫁ちゃんが康二くんについて話していたことをまとめておこうと思います。

 

ひらりと桜

ひらりと桜落ちサビの♪照らす華闇夜を裂く~の後。デデデデンという音。

康二くんだけがこの音を聞いて反応している。

2D.2D.はめちゃくちゃ分かりやすいし、先週の少クラでもこの音を聞いている。Youtubeに上がってるのは構成振りが違うので聞いてません。)

 

普通、主役はこの音を取らない。 (と思う)

※あくまで嫁ちゃんの考えです。偏見です。

♪闇夜を裂く~~~~~~~の伸ばしている部分は、歌舞伎でいう所の見栄を切って止まる部分で、静止するために?主役の音として用意されている部分だと思う。

(康二くんが下手から2番目になる構成振りの時の話です)

(ビタ止まりではなく、舞台的な意味での静止です)

 

デデデデンは主役の音ではなく、主役を引き立てるための音だ。

康二くんは「主役」をやりながら「引き立て役」もできる人なんだと思う。

使い分けているのではなく、引き立て役のアンテナが無意識に張っている。

デデデデンをかっこいい、気持ちいいと思った感性こそ康二くんの神髄だと思う。

気にしいで、優しくて、視野が広くて、感じたそのままをするっと言葉にできる人柄の現れだと感じた。

 

余談だが、多分ここ、いわだてあべ辺りは死んでも動かないと思う。

少クラを見ていてゾッとしたのが、その回で深澤くんもデデデデンを聞いていた。どこまでも他人に優しい2人の耳には、とりわけこの音が聞こえるのかなと想像して、何だか胸が苦しくなった。

 

 

 

 

 

 筋肉は裏切らない

気分悪い話をしてごめんなんだが、以前「康二くんはダンスの努力をしてないのでは?」というツイートを見てしまった。10000000%そんなことはないし、そう思ってるファンなんてほぼいないと思う。でも勝手にムカムカしてしまった。

 

その出来事を嫁ちゃんに話すと

「え?でも康二くん前肩気味だったのが直ってきてるじゃん。これって目に見える努力の結果じゃないの???」とキョトンとした表情で言ってきた。

 

以前の康二くんは、少しだけ、肩が前に巻き込んでいた。

これは踊りが小さく見える原因の一つだった。でも最近は改善傾向にある。顔周りの空間が大きくなった。

今になって肩を直してくれる人?指摘してくれる人はいないと思う。(いたらごめん) きっと康二くんが自分で練習するうちに、自然と身についたことだと思う。答えを真似し続けたから、途中式を習得できたんだと思う。

 

「これは明らかに目に見える努力の結果だと思う。筋肉は本当に裏切らないよ。昨日までどう生きてきたかが肉体に現れるんだよ。」と、岩本照のようなことを言っていた。

 

康二くんが努力していることは十二分に知っているつもりだったが、嫁ちゃんの一言でモヤモヤが一気に晴れた。今まで「筋肉は裏切らない」をオモロ言葉だと思っていたが、本当にそうなんだと感心した。ひーくんごめん。

 

 

 

 おまけ、おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蛇足

おまけも書いたのに、蛇足まで書くんか~~い!!

 

ここから先に有益な情報は無いので、読まなくても大差ないです!

 俺が康二くんを好きだという、偏った意見しか書いてないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、読売中高生新聞の4/2号を読んだ。

 

記事は、多くの中高生が不安を感じる新生活デビューについて有名人にアドバイスをもらうという内容で、康二くんが「新しいクラスや友達に馴染めるだろうか」という不安についてアドバイスを送っていた。

 

「小中学生に人気だから康二くん選ばれたのか~」ぐらいにしか考えていなかったが、

既存グループに追加加入し、1人で関西から東京に移ってきた経験を持つ康二くんだからこそ選ばれたんだと理解した。

ただ人気者だから選ばれたんじゃないんじゃなかった。

 

 

具体的な内容は伏せるが、受け止め方がとても強くて、かっこいいと思った。

俺が思っているよりもずっとしっかりしていて、芯のある大人の男性なんだと思った。

 

俺は新規ファンなので、好きになった時にはもうSnow Man向井康二だった。

だから古くからのファンにとって彼がSnow Manのメンバーになれたのかは分からないし、そこはあまり俺が触れていい領域じゃないと思う。

 

ただ俺は個人としては

Snow Manを好きになってから、康二くんが必要じゃない瞬間なんて一瞬も無かった」と思っている。

 

 

康二くんが嫌なヤツだったり、全く合わない人だったら、9人しか知らない俺でも「この人、このグループじゃない方がいいのでは?」って思ったはず。

でもそんなことは全く思わなかった。

 

あの時だって、

この時だって、

全部、康二くんがいたから楽しかった。

康二くんが必要じゃない時なんて一瞬もなかった。

ずっとずっと、康二くんが必要だった。

 

加入当初に厳しい意見があったとすれば、その立場ゆえだったと俺は思う。 飛んできた意見はその「立場」に向かって刺さってるはず。 

康二くんの魂自体は、きっと、誰にも汚されていない。勝手に俺はそう思っている。

 

 

 

 

 

 

以前『深澤担ですが、康二くんの平和が世界平和なんです。』ってコメントをくださった方がいて、その時めちゃくちゃ納得した。

 

康二くんが幸せなとき、きっとメンバーは全員幸せだと思う。ファンも全員幸せだと思う。うまく言えないけど、とにかくそう思う。

 

康二くんには一つの不幸も降りかかってほしくない。 康二くんは強いので不幸も糧にできるんだが、こんなに他人思いで優しい子が少しでも悲しい思いをする世界になってほしくない。 過保護なほどに彼のことを真綿で包んであげたくなる。

 

宮舘担の俺ですらこんなにも康二くんの事が好きなんだから、きっと康二担は、もっともっと康二くんの事が好きなんだろうね。

 

そして俺みたいな他担は、

いっぱい、い~~っぱい!いると思う!!

 

 

きっとみんな、康二くんの事が大好きだよ。

 

 

ファンからの愛は本人に伝わっているだろうけど、それでもちゃんと「大好き」だと口に出したい。俺の好きだ!って気持ちが、彼を包む真綿になればいい。

直接康二くんには届かないこんな場所にすら「大好き」が溢れていたら、めちゃくちゃ世界平和だな~と、よく分からないことを考えながらこのブログを書いている。 

 



大好きな康二くんが、今日も幸せに楽しく暮らせますように。

何もできることはないけど、ただただあなたの幸せを、ファンとして願っています。

 

 

俺は、康二くんのことが大好きです!!

 



 

それでも俺は宮舘担です。

(最後いらんねん!!!!!!ってツッコむ康二くんが見たい~~~~!!笑)

【追記4/10】ジャニーズJr.に詳しい方。名前を知ってたら教えて欲しい。

※このブログは個人的な感想を言っているだけのブログです。真相は別として、趣味の範囲で楽しんでいます。ご了承の上楽しめる方だけお進みください。オチは特にありません。

 

 

少クラを見て、嫁ちゃん(プロダンサー)が「この子、前回最後左から2番目にいた子よね?」とかいうんだけど、スノ以外映像を残していないのでどの子か分からないことが多々ある。 嫁ちゃんもジャニーズ自体に興味があるわけでは無く、1回さらっと見ただけなので記憶が断片的だ。

 

嫁ちゃんの目を引いた子が誰なのかちょっと気になる。

でもジュニアのファンでは無いので調べるのは面倒くさい。(本当ごめん!!!でも「Snow Manの親戚の子」ぐらいの感覚で、全員に好意を持っているし、全員幸せになってほしい。)

 

 

この記事は

「あわよくば詳しい方が現れて、コメントで教えてくれないかな~」という、他力本願な記事である。(まじでごめん)

詳しい方いらっしゃったら、教えてくれると喜びます。

※記憶が曖昧&ニッチな視点なので情報は少ないです。

※ここ半年ぐらいの少クラを見ての発言です。

 蛇足でふかだてのこと書いてます。

【追記】

文中にさらっと追記しましたが、コメントに詳しく書いてくださってる方がいるので、ぜひ読んでほしい~~!!ありがとうございます~~~!!!

 

7MEN侍

氷川きよしさん

何の曲かは分からん。

ダンスではなく歌のことなんだが

♪夜はこれから~ というパートを、ちょっとケロケロした加工有りで歌ってた氷川きよしさんみたいな顔の子。」

いや、誰よ!!!!

7MEN侍に氷川きよしおるか!!!?

前髪が長くてセンター分け?七三分け?だったというんだが、ジャニーズの子はコロコロ髪型を変えるのでどれか分からん。

 

「声が耳に残りやすい。加工する前の声は少し音程が低そう。この子のファルセットにケロケロ加工かけるとすごく甘い。ホストとか、お金を貢ぎたくなる感じの甘さ。私は好きだなぁ~」

と言うが、センター分け…プロフィール見ると中村嶺亜くんとか?

【正解】

このパートは今野大輝くんでした!!

曲は山下智久さんのRight movesをカバーされていた回でした。めっちゃ歌上手なのね!

 

 

 

 ベースっぽい人

さっきの♪夜はこれから~ の直後の、ベースっぽい部分歌ってた人。

直後の人の、リズム感がめちゃくちゃ気持ちいい。

歌というより楽器に近い感じがした。

 

同じリズムを歌っている人は他にもいたが、他の人たちは「歌」に聞こえた。

でも直後の人は歌詞すらも音として耳に届いた。

この人は音の粒が弦楽器っぽい。

ファ~じゃなくて、ポーン。

音程的にはベースっぽい。

気持ちいい音。

 

「7MEN侍ってバンドやってるんでしょ?この人ベースか本物のピアノやって無いかなぁ?それかギター?あ、でもリードギターでは無いと思う。」

 

いや、わからんわからん。

そもそも何の曲かも分からないし、Youtubeにあがってるパフォーマンス動画全部見たが、どれも違うらしい。

あと7MEN侍、大体弦楽器できるっぽくて全くわからん!!

ベースやってんのは矢花くん?キーボードは本髙くん?ギターは…だれ?

 【正解】

矢花黎くんでした!!

彼は現役音大生で、7MEN侍ではやっぱりベースを担当しているらしい。ピアノもギターも三味線もドラムも、何でもできるらしい。何だこの人、すげえな。

 

あと「やばこんぴ担」の方がコメントをくれたんだが、「矢花・今野担」ってことなのね!最初「え?ヤバいコンビってこと?あれ、コンピ?なんだなんだ?」と意味が分からなかったんだが「めめしょぴ担」みたいな感じか!知らなかったから面白かった!

 

少年忍者

540の子

曲名はまたしても分からん。

沢山の人数で踊っていて、確か白い上下に黄色いベストを着ていた。(黄色じゃないかも) 白黒の衣装でベストも着てなかったwごめんなさいw

曲の中盤にフォーメーションチェンジして、前で横一列になり、全員がフリーダンスをするシーン。 これ完全なフリーじゃないかも。

左から順にカメラが舐めていくとき、左から2番目(3番目でした)の子が、抜かれた瞬間に綺麗な540を奥から手前に向かってやった。

 

540って、佐久間くんがやってるこれ。

足を540度回転させる派手な技。

 「おぉ~!!カメラ割り知っててやったなら賢い!客席から見てても目を引くしいいね。あとこの間隔で540ぶち込むのは肝が据わってるか経験豊富か。どちらにしろ綺麗ね。」

と褒めていた。

う~ん、情報が少ない!!!笑

髪色は黒で、なびく位には長かったらしい!

 

 【4/6途中経過】

いかんせん曲名が分からないので特定できていない。

今のところ長瀬くん、黒田くん、元木くん、安嶋くんの名前が挙がっている。

階段で踊っていた小さい9人は違うし、檜山くん、川崎くん、織山くんは違うと嫁ちゃんは言っている。残り10人…。あかん、Snow Manフルメンバーより多い!!笑

誰なのかな~~と思いながら、また540をやってくれることを願うばかりである。

 

【正解】

地上波深夜再放送の1/10(日)

With You(Sexy Zone) の後半の間奏シーンの、安嶋秀生くんでした。

衣装全然違うのに540ってだけで特定してもらって、恐れおののいております…。コメント下さった方本当にありがとうございます!

 

この映像だと分かった後に、この子が安嶋くんで合ってるか一応自分でも確かめようとしたんだが、名前のテロップがずっと出てるわけじゃないから全然分からなくて苦戦した。

嫁ちゃんに聞いても「全身映してくれたら踊りで見分けられるけど、お顔は…ごめん…ごめん…」と謎の謝罪をされたw

最終的に衣装の配色で安嶋くんだと断定できたが、踊ってる方がアイランドのプロフィール画像より男前なのね。

 

あと、この子じゃないかな~ってコメントも凄く嬉しかったし、楽しかったです!嫁ちゃんに聞いてみると「元木くん?この子?あ~、この子はクラスで人気者でモテそうな感じじゃん。もっとこうサラッと熱い感じだった気がする…う~ん記憶が曖昧…」と、へ~そんな風に見えるんだ!と楽しかった。

 

 

 

HiHi Jets

作間龍斗くん

Youtubeのこのシーンを見て

「・・・このひとめっちゃ変。すっごい変わってる。かっこいいけど独特。すごい変。でも人気ありそう。」

と言っていた。

センターの子、作間くん?で合ってると思うが自身が無いので書いておく。違ってたら教えてほしい。合ってた!!そして作間くんは不思議キャラなんですね。

 

 

 

 

 

 

IMPACTors

オレンジズボンで金髪の子

最近できたグループなので、主役や準主役の踊り方ができていないように感じていた。

悪いとかじゃなくて、それで当たり前だし、これからやっと本当の意味で表現の楽しさに触れていくんだと思う。

現状は、上手だけどツルツル掴めなくて、良くも悪くも引っ掛かるところがあまり無い。カラオケで100点の人の歌みたいに感じた。こんなに上手に踊ってるのに、性格も、何が好きなのかも、何考えてるか分からなかった。

 

何度も言うがダメとかじゃない。

「今は」そうなだけで、きっともう少ししたら主役の踊り方を習得するんだと思う。こういうのを追いかけるのがアイドルの楽しみ方なのかな?と思っている。

 

この動画でオレンジのズボンはいてる子。

この子だけは、何かダンスで喋ろうとしてるのがほんの少しだけ分かる。

IMPACTorsを赤ちゃんだとすると、オレンジの彼は「あーー、うーーー」ぐらいの喃語を喋っている感じの踊り。他のメンバーは、意思はちゃんとあるけどまだ喋ることに挑戦してない感じ。勿論上手ではある。

 

プロフィールを見てみると、金髪の子がいなかった。髪色的に明るいのは松井くん?お顔的には椿くんか…?それとも別の人なのか…?

【正解】

このオレンジズボンの子こそ、康二くんの恋人、椿くんでした!

あなたが椿くんなのね!!知ってる、存在は知ってる!!もっとふわふわした子を想像していたので、バキバキ踊るカッコいい系だとは思いませんでした!覚えた!

 

 

 

Mステ

Crazy F-R-E-S-H Beatを披露した回。

間奏でIMPACTorsが踊ったところの、前列一番左の人横原悠毅くんと、後列右から2番目の人松井奏くん)

この2人は喃語を喋ろうとしていた。短期間で成長が速いなぁと思った。

 

後列左から2番目の人山拓也くん)は、自然と喋れるようになりそう。

後列1番左の人鈴木大河くん)は、急にペラペラ無意識に喋り出しそう。ちょっとしょっぴーっぽい。同じようにリハでアホほどおしゃれに踊ったりするのかな?と興味がある。

 

【追記】

たいがちゃん!!

あなたが大河ちゃんなのね!!!!

フォローしてる宮舘担の方が、インパクターズも掛け持ちされてて「いんぱくちゃん♡大河ちゃん♡」といつも楽しそうにメロメロされてるので「大河ちゃん」の名前だけ知っていた。

しょっぴーのダンスに憧れて入所したのね!少クラでも言ってたそうだが、パフォーマンス以外飛ばして見てたので全然知らなかった。大河ちゃん、やっとわかった!!

あとツイートで見かける「○○がちゃ」っていう単語が、グッズでガチャガチャでもあるのかと思って流し見てたんだが、たい「がちゃ」んって意味なのね!!

これが結構衝撃だった!コンビを表していたのか!!

 

あと、基くんはひーくんに憧れていて、Crazy F-R-E-S-H Beatの振付に関わっているのも教えてもらった。あとあと、基くんと横原くんが振付してるのも教わった!松井くんと椿くんは堂本光一さんの舞台SHOCKにも出ているらしい。ちょっとだけいんぱくちゃん詳しくなった!

 

 

 

なにわ男子

なにわ男子は名前が分かったけど、嫁ちゃんが言ってるのは実際どうなんだろう?と思って書いてみた。

 

 大橋和也くん

「あ、歌もダンスも抜群に上手い子がいる~」と嫁ちゃんが言った。

前から上手だと思っていたようだが、嫁ちゃんはダイヤモンドスマイルの冒頭を見てこう言ったので、何故あまり歌っても踊ってもない場面を見て上手と分かるのか不思議だった。

 

 この♪Ohダイヤモンドsmile~のOhの部分での体重移動を見ただけで、上手かは分かるらしい。 言われてみれば確かに他の人とは少し違う。

歌も、ユニゾンでも大橋くんの響きがしっかりと耳に入ってくる。(俺には分からないが嫁ちゃんはそう言っている。)

 

 

「佐久間くん好きな人は大橋くんも好きそう。ジャニーズさんは各グループに一人、センターじゃないけどパッと目を引く人を配置してんのかね?トラジャだと白ラインの人(松倉くん)とかも目を引く。」

 

俺は佐久間くん・大橋くん・松倉くんを似てると思ったことが無いので、同じ役割?と嫁ちゃんが言うのが不思議に感じた。 他の人はどう感じるんだろうか?

【追記】

佐久間くん、大橋くん、松倉くんが好きだという人が複数人いた。

たまたまなのか、必然なのか…?うーん、不思議!どうなんだろうね!

 

 

 

長尾謙杜くん

「このセンター分けの子、ゆきちか好きそう。」と長尾くんを指差した。

 

ん?

長尾くんって、お目目がきゅるきゅるで弟っぽくてザ・アイドル!って感じの子じゃないか? 俺は宮舘担だし、大人っぽくてクールで男らしい人が好きだ。 真逆ではないのか?

 

「この子可愛い顔してるけどめちゃくちゃこだわり強そう。まだ若いからそこまで踊りには出てないけど、舘様と阿部ちゃん足して2で割った頑固ちゃんって感じがする。真面目さの種類も、だてあべ系統の真面目さじゃない?しっかり芯があって、ブレない感じとか、ゆきちか好きそうだなぁ~って。根強い一途なファンが寄ってきそう。いい子。」

 

 え、この子が宮舘くんに似てる?

うそうそ~それは無いでしょ。

宮舘くんと一番遠いキャラじゃない?

こんなにふわふわして、わたがしみたいにかわいい子がだてあべと似てる???

 

でも康二くんの後輩がいい子じゃないはずが無いので(康二くんバカが過ぎる)正しいかは分からないが、当たらずしも遠からずなんだろう。

きっと長尾くんも真面目でいい子なんだと思う。

こだわり強いかはどうなんだろう?

【追記】

なにわ担、長尾担の方によると、どうやらファッションなどに関しては強いこだわりがあるらしく、あながち嫁ちゃんが言ってるのも間違ってないっぽい。

めめと長尾くんを推してる方から頂いたDMが丁寧で分かりやすかったのでそのままコピペさせていただこう。↓

(ごめんね長尾ちゃん……ってとこがめっちゃ好きw)

 

 

この動画はステイホーム期間になにわ男子が行っていた企画、「#なにわ先生」というものなのですが、自分が教えたい事をみんなに教えるという企画でして、長尾くんが選んだのは"ファッション"でした。 まずは基本のシルエットの説明、次にデザイナーの説明(3:44〜)と進んでいくのですが、手書きのデザイナーの相関図を作り、それに沿って説明してくれます。 ですが、コア過ぎてまっっっっったく分からん!!泣泣(ごめんね長尾ちゃん…………) そもそも、デザイナーまで気にして洋服選んでる時点でだいぶこだわり強め!!!!!! 6:13〜も良かったら見て欲しいのですが、ここからはデザイナーの関係を元にしてコーデの仕方を教えてくれています(私には分からなかったけど………) 伝わりますかね……長尾くんのこだわり強め頑固ちゃんな部分……… これ以上書くとさすがに長くなり過ぎてしまうので今回はこれだけをお伝えさせて頂きました。拙い文章で申し訳ないです。

余談ですが、長尾くん、岩本担です!!!!!!!! 2人には"タピオカ好き"という共通点がありまして(可愛い)、長尾くんが照くんに話しかけた一言目が「どこのタピオカがすきなんですか!?」らしくてもう…………。ちなみに長尾くんは照くんに対して"かっこいい"ではなく"かわいい"という感情を抱いています……なにわ男子のラジオでも君の彼氏になりたい。をかけています、彼、ガチです。私たちと同じです。


大西流星くん

ごめん、彼だけパフォーマンスでは無いんだが

「すごっ!!おむつモデルの赤ちゃんが高校生になったみたいな顔の子!!きゅるきゅるじゃん!!」

と嫁ちゃんが言っていたのがツボだったので書かせて。

 

「可愛いのに目が座ってる…。若いのにベテランの風格が凄い…。子役とかやってた?やっぱおむつモデル出身?おむつモデルだった?」

と聞いてくるが、サクッと調べた限りはおむつモデルの情報はヒットしなかった。

でも確かの可愛い顔をしているとは思う。

 おむつモデルやってたんだろうか?

 【追記】

太西くんは幼いころからジュニアで活躍していたらしく、若いけれどベテランさんらしい。その辺の芸歴の長さとかを含めて、子役やってた?と思ったのかもしれない。

 

リプで教えてもらったんだが

「因みに大西くん、どれくらい長いかというと、今のジャニーズWESTが関西Jr.だった時からずっと今くらいの位置にいたんです。当時の関西Jr.のツアーも今のWESTと大西、西畑、永瀬、平野で回っていましたし! そりゃ自ずと度胸付くと思います。」とのことで、そりゃ度胸付くわ!と思った。

 

 

以上!!

いっぱい書いたけど、詳しい方、分かる方いらっしゃったらどの子でもいいので名前を教えてください。他力本願ですが、何卒よろしくお願いします。

 

 おしまい

色々教えてくださった方々、ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

蛇足

聞いて。

まだ3800字しか書いてない!!

これは俺にしては短く収められたのでは!!!?

偉い!偉すぎる!!(?)

 

 

 

これはボツにした話を書いてもいいんじゃないか!!!?

ということで、2D.2D.の宮舘くんとふっかさんについて書かせてくれ。

 

 

ふっかさん

MCで土下座してた 。

「え、ふっかさんそんなことしていいの?イケメン枠じゃないの?? 」

と嫁ちゃんが驚いていた。

ええよ、ふっかさん以外誰がやるん!!?www

嫁ちゃんはパフォーマンスのふっかさんばかり見てるので、完全にイケメン枠だと信じている。

 

自己紹介ラップの時も

「何でこの人だけ甘いセリフ言わないの? 」

と不思議がっていた。

ふっかさん及び、深澤担に怒られそうだが

「・・・もしかして、ふっかさんてイケメンポジションじゃない‥??」

と、ついに嫁ちゃんが気付いた。

やっとお笑い担当とMCをやっていることを認識した。

 

 

「え、は~、たちが悪い男だね。あれだけイケメンの雰囲気むんむんに出すのに、イケメンキャラじゃないなんて、ファンの気持ちはひっちゃかめっちゃかでしょ。それでファンを増やそうって魂胆か?それならたち悪すぎでしょ!やだやだ、こういう男の人絶対好きになりたくない!!」

と、いい意味で嫁ちゃんが嫌がっていた。

 

ふっかさんの事をどれだけイケメン枠だと思っていたんだろう…とクスクスしてしまった。

前も言ったけど、俺も絶対ふっか担になりたくない。

なんか、色々ヤバそう。

 

 

あと、Snow Worldでセンターステージから戻る時に、ふかこじだけ音楽と走るリズムがあっていなかった。 ダメとかじゃなくて「あ、この人たちは上手に踊れるだけで本当にアイドルなんだ」って思った。

 

嫁ちゃんだけかもしれないが、このテンポで音楽が流れていたら、足は自然と音楽に合わせてしまう。

でも2人は違う。

良くも悪くも、踊りがここで途切れている。ただただダンスが上手なだけで、ダンスで表現する必要のない人たちだなぁと思った。

心の底からいい意味で言ってるつもりなんだが、踊る必要のない2人が「ダンス」と言う表現をしてくれていることが本当にありがたい。 全然踊る必要が無いからこそ、もっともっと彼らのダンスが見たい。 もっと踊ってほしい。

 

 

あとメイキングか何かで

「シンプルな感想言っていい?踊ってるときめっちゃかっこええ。」

って康二くんが言った時、嫁ちゃんが

「いや、そうなんだよ」

って言ったんだけど、

同時にふっかさんも映像の中で全く同じことを言ってて

「「いや、自分で言うんかーーーい!wwwww」」って2人で爆笑した。

 

 

 

 

宮舘くん

嫁ちゃんが宮舘くんに聞いてみたいことがあると言っていた。

「その骨格だと、本番直線になると、股関節ふわふわしない?身体の中心がダラ~って広がっていちゃいそうな感覚?力が入りにくくて股関節外に広がるような、床を踏みにくいような。円陣組んだ後にスタンパイする前の歩き方、私も同じようになっちゃう。足の長さが合わないというか、何というか。舘様も本番前同じような感覚になってるのかな?聞いてみたいな…。」

どうなんだろうね?

 

 

自己紹介ラップで、佐久間くんが手を出して宮舘くんが引き上げていたが、上から手を乗せるのはお姫様の方なので、このままじゃ舘様がめちゃくちゃ気の強いお姫様になってしまう。

それはそれでいい。だって宮舘くんは気の強いお姫様でもあるから(?)

国王的には、宮舘くんが手を出して、佐久間くんが上から乗せるのが正しい。できればそのまま佐久間くんの腰でも抱いてくれ。力強く。

 

あと自己紹介ラップでもう一つ、

「舘様の後ろから佐久間くんが右に左に生えてるね~」

と嫁ちゃんが言っていて「右に左に生えてる」という表現がツボだった。

確かにニョキッと生えている。かわいいww

 

 

あとあと、Storiesの38:52ぐらいの、腕を上げるシーンの首の角度がまじでだてさく。

やってみて。ここまで普通いかないから。よっぽど感情入ってるよ。好きすぎる。

 

あと、宮舘くんのマイクのお尻が、赤いくちばしの白い小鳥さんに見える。いいこと言ってるけど鳥さんに見える。

 

 

 

よし、ここまでで5500字!すごく短いよね!(当社比的バグ)追記したことにより、8000字超えました。結局いつも通り長いです。

 

どうでもいいんだが、この先2週間ほど暇なので、色々ブログを更新すると思う。うるさかったらごめんなさい!

おしまい!

 

anan × Snow Man キャッチコピーまとめ

自分用まとめです。

活字オタクの本領発揮です。

これはブログではなく感想文付きの辞書です。ぜひとも辞書として活用されてください(?)

 

※本来のコピーの意味とは違うかもしれませんが、個人的な趣味として記載しています。小さい文字は個人的な感想文で、公式とは何の関係もありません。

 ※リンクを貼ってありますが、表紙の画像を表示したかっただけなので、そこから購入しても俺にお金は入りません。

 

 

CLOSE UP 単独シリーズ

#圧倒的王子男子(ラウール)2019/11/06

 

 

あたたかな野心。(岩本)

【あたたか】:愛情がこまやかであるさま。事を荒立てないさま。

【野心】:大きな飛躍を望んで、新しいことに大胆に取り組もうとする気持ち。野望。

「野心」や「野望」という言葉には、主君やお世話になった人に背いてでも叶えたい身の程を超えた大きな望み、という少しマイナスな意味もある。でも岩本くんの野心は、その「野心」ではない。「あたたかな」を付けることで、ぐっと彼らしくなる。

 

 

繊細な透明感と、妖艶。(渡辺)2020/02/05

【繊細】:かぼそく優美なさま。(華奢であり、上品で美しいこと)

【透明感】:くもりなく透き通っていて明らかな感じ

【妖艶】:なまめかしくあでやかなこと。(何気ないようで優雅であり、濃厚な美しさ)

消えてしましそうな上品な美しさと、濃厚な美しさを合わせ持つ渡辺くんをよく表しているコピーだ。「なまめかしい」には「何気ないようで優雅」という意味もあり、普段の渡辺くんから感じるイメージそのものだと思った。

 

 

 

心を動かす、ピュアな信念。(佐久間)2020/03/25

【ピュア】:まじりけのないこと。純粋なさま。異質なものをそれ自身以外に含まないこと

【信念】:ある考えを、かたく信じて動かない心

 佐久間くんの「かたく信じて動かない心」によって、見ている我々の心は動かされる。パフォーマンス等を通して、まじりけない彼の心が我々に伝わって、まじって、動かされていると思った。

 

 

 

匂い立つ艶、美貌の魔力。(目黒)2020/03/25

【匂い立つ】:まるで芳しい花のように周囲に美しさを漂わせているような雰囲気

【艶】:若々しく、張りのある感じの美しさ

【美貌】:美しい容貌

【魔力】:人を迷わす妖しい不思議な力

「艶」 という言葉は、もっとじっとりとした美しさを指す言葉だと思っていたので当初このコピーにあまりピンと来ていなかったが、「若々しく張りのある感じの美しさ」という意味を知り、目黒くんにぴったりだと感心した。ひとつ賢くなった。

目黒くんのカッコよさは、自分自身で計算しているというよりも、容姿に元々人を迷わす妖しい不思議な力があるように思える。美貌の魔力といわれるのも納得である。 

 

 

 

覚悟の在り処。(深澤)2020/05/27

【覚悟】:迷いを去り、道理をさとること。(物事の筋道を理解し受け入れること)

【在り処】:物のある所。

 深澤くんは、Snow Manのアイコンみたいな人だと思っている。これまでも、これからも、色々な正義と正義がぶつかることがあると思う。そんなときにSnow Manというグループはどうしていくべきか、悩んで悩んで、迷いを捨て去り、最終的に残った答えは深澤くんの中にあるのかもしれない。そんなことを勝手に思っている。

「覚悟」には「あきらめること、観念すること」という意味がある。ずっとSnow Man9人でいてほしいが、V6兄さんのように新たな道に進む可能性だってある。その時にSnow Manで居続ける事を、いい意味であきらめる決断をしてくれる在り処は、深澤くんかもしれない。全て俺が勝手に思っていることである。

 

 

 

繋ぎ拓く、潔さと温かさ(向井)2020/07/01

【繋ぐ】:長く続くようにする。絶えないようにする。

【拓く】:未知の領域に挑む

【潔さ】:すがすがしい、思い切りが良い

【温かさ】:愛情がこまやかであるさま。事を荒立てないさま。

関ジュが長く続くように、絶えることのないようにずっと前線で色々な道を切り拓いてきたことを知っている。色々なユニットができたり、消滅したり、その度に思うことはあれど潔く立ち振る舞い、細やかな愛情で周囲を荒立てないように尽力していたことも知っている。

あれだけ心血を注いできた関ジュから、大きな葛藤はあっただろうが、自ら決断してSnow Manに加入した。Snow Manというグループが絶えることのないよう、9人で未知の領域に進む決断をした。

いつも向井くんは繋ぎ拓いてくれる。そして同時に、こまやかで温かい愛情をちりばめてくれる。そんな姿を見せられたら彼を好きにならざるを得ない。「康二くんを嫌いな人はセンスない」といったラウールくんの気持ちが分かる気がする。

 

 

知性と色香の狭間(阿部)2020/07/08

【知性】:頭脳の知的な働き。知り覚えたことをもととして、それを認識まで作り上げる心の機能

【色香】:女のあでやかな容色。女の色気。

【狭間】:谷あい。物と物との間のせまいところ。

阿部ちゃんには、知的な部分と、女性にも似たあでやかさがある。知性と色香はそれぞれ別方向の魅力で、その両方を持つ阿部ちゃんの魅力は、まるで大きな山と山の谷あいのように狭くて稀有な魅力だと思った。

 

 

 

骨太な心、気高き漢気。(宮舘)2020/07/22

この記事にアホほど感想書いてる。


 

 

 

 

 

 

CLOSE UP コンビ掲載

Timeless Mode.(宮舘・阿部)2019/10/30

「時代を超越した状態・様式」という解釈をしているが、日本語ほど深いニュアンスまでは分からん。英語へっぽこ人間なのでお許しください…。

【4/5追記】

「 モード系ファッションのモードかも?」と仰った方がいまして…!てっきり英語のモードだと思ってたけど、確かにフランス語のモードかもしれない。流行とか、最新のとか、ファッション的なとか。そう考えると、「時代を超えた、非凡なおしゃれ」とかがしっくりくるのかなと思った。だてあべは歌舞伎の場面でも、次世代のスターとしてもカッコよくておしゃれだ。

どうなんだろう。でも自分の中ではしっくり来る解釈になった。

 

 

 

クールな共振(シンクロ)。(ゆり組) 2020/05/06

【クール】:①涼しく爽やかなさま。清涼。②超然とした、落ち着いたさま。③かっこうがいいさま、いかしたさま

【共振】:共鳴に同じ。特に電気振動の共鳴を言うことが多い。

【共鳴】:外部からの刺激で固有振動を始めること。転じて、他人の思想や意見に同館の念を起こすこと。

【シンクロ】:異なる二つ以上のものが同じ時に起こること。

「清涼」と書いて、翔太涼太と読むのではないかと思っている。(急なぶっ飛び思想)クールという意味は、①~③どれをとってもゆり組に似合う。人間の身体は脳からの電気信号で動いているので、電気振動の共鳴を指す「共振」という単語のチョイスがおしゃれだなと思った。「シンクロ」という言葉には同期するとか、ぴったり重なるようなイメージがあったんだが「同じ時に起こること」という意味を知り、深く納得した。「シンクロ」と書いて幼馴染と読めるのでは?とすら思った。

 

 

 

盟友(ダッグ)の確信。(岩本・深澤)2021/04/14

盟友】:ちかいあった友。心の向かうところ、めざす所が同じ人。

【確信】:かたく信じて疑わないこと。

志が同じ2人が、かたく信じて疑わないことがある。

ごめん、この回が決定してまだ気持ちが浮ついてるからちゃんとした感想?書けない。未来の俺よ、次回追記する時とか、冷静になったらなんかちゃんとした感想書いてくれ。byめめ表紙のananを手にしたばかりの俺より。

 

 

 

 

 

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」の軌跡

#01 勇敢(岩本 照)2020/10/21

【勇敢 】:勇ましく果断なこと

【いさましい】:勇気がある 物を恐れない気概

【果断】:思い切ってするさま

何かのインタビューで「自分は新しい事に切り込んでいく役割」と話していた。グループで色々な「初」を取っていきたいと有言し、着実に実行していく背中は、まさに「勇敢」そのものだと思う。

 

 

 

#02 魅惑(佐久間大介)2020/10/28

【魅惑】:魅力で人をひきつけまどわすこと

【まどわす】:思慮を乱させる、分別を失わせる

本当に「魅惑」という言葉の通りだと思う。佐久間くんのパフォーマンスの魅力は見る者を惹きつけ、分別を失うほどに心が動かされる。自分がSnow Manにハマったきっかけも、思い起こせば佐久間くんの魅惑によるものだった。

 

 

 

#02 気鋭(向井康二)2020/11/04

【気鋭】:意気込みの鋭いこと

【意気込み】:あることをしようとする、はりきった気持ち

【鋭い】:勢いが強く激しく尖っていること

 優しくて繊細な向井くんだが、「必ず成果を出してやる」といった意気込みを感じることがある。その意気込みが鋭く尖って刺さる瞬間を、テレビ番組などで何度も目にしたことがある。 

 

 

#04 秀麗(渡辺翔太)2020/11/11

【秀麗】:すぐれてうるわしいこと

【麗しい】:①端正である、立派である、壮麗だ②礼儀正しい③性格が曲がっておらず几帳面④正真正銘である。まちがいない。

「麗しい」という言葉には10近い意味があるが、どれも渡辺くんを表しているように感じた。特に広辞苑の「麗しい」の一番最後にあった「正真正銘である。まちがいない。」という意味が、渡辺翔太に対する感想なのでは?とすら思った。

 

 

 

#05 熱情(宮舘涼太)2020/11/18

これまたアホほどこっちに書いてる。

 

 

 

#06 洗練(阿部亮平)2020/11/25

【洗練】:物を洗ったりねったりして仕上げるように、人格などをねりきたえて優雅・高尚にすること。

阿部ちゃんは自分で人格を練り鍛えて、優雅に、高尚にしてきた。この「洗練」されたところに、ひどく惹かれる。やっぱり阿部ちゃんはガラス玉のように透き通っていて、尊くて美しい。(詳しくは下のブログに蛇足として書いてあります。)


 

 

#07 鮮烈(ラウール)2020/12/2

【鮮烈】:強烈ではっきりしている様

「鮮烈」と書いてラウールと読むんじゃないか?ってくらいピッタリ。

 

 

 

#08 凄艶(目黒 蓮)2020/12/16

【凄艶(せいえん)】:ぞっとするほどあでやかなさま

【ぞっとする】:身体が震えるほど心がうごくこと

【あでやか】:濃厚な美しさ

雑誌などで見る目黒くんは、確かに身体が震えるほど美しい。荘厳とか、端正とか、そういう類の美しさではなく、もっと濃厚で艶のある美しさ。

 

 

 

#09 洒脱(深澤辰哉)2020/12/23

【洒脱】:俗気を脱してさっぱりとしていること。あかぬけていて、こだわりのないこと。

【俗】:世間並みで凡庸、ありふれていること

どこにでもいそうで、どこにもいない人が深澤くんだと思っている。普通、ありふれていない人というは、総じて個性もこだわりも強い人が多い。でも深澤くんはありふれていないのに、こだわりが無くさっぱりとしている。とても稀有な存在だとずっと思っている。

 

 

 

#10 感動(Snow Man)2021/01/06

【感動】深くものを信じて心を動かすこと。

 

 

 

 

 

 

個人単独表紙

 色気の直系。(目黒蓮)2021/03/31

【色気】:異性の気を引く性的魅力

【直系】:直接に受け継がれ続いている系統

ジャニーズとして受け継がれてきた色気を、次世代担うのは目黒くんだということなのかな?と解釈した。

 

 

素の顔、粧いの顔。(渡辺翔太)2020/08/26

【素】:ありのまま、飾らないこと

【粧い(よそおい)】:適切かつ美しく身なりを整えること

ありのままの渡辺翔太も、アイドルとして美しく整えられた渡辺翔太も、余すことなく全てを見せてくれた特集だった。

 

 

 

 

 

 

 

グループ表紙

 

RUN AND BURST!

 

 

走り続ける熱量(エネルギー)。


 

 

愛され道、爆走中!(特集:今愛される男たち)

 

 

最強チーム奇跡の瞬間。(特集:The TEAM!人はチームで強くなる。)

※スノスト表紙


 

 

フルスロットル!(特集:時代を創る!)


 

 

時代を駆ける!(特集:NEXTジェネレーション2019)